カードローン 低金利

カードローンは高くない!低金利での融資も可能になった今の仕組み

カードローンは高い?

バブルの時代からその後の不況までを会社員として過ごしてきた私は、やはり金融業についても最も盛んだった頃から今になるまでを見て来ました。

ちょうど盛んだった頃は好景気に沸き立つ日本らしくどんな人でも借りれていましたが、残念ながら盛んだったのは良い面だけではなく、悪い面…それこそ違法業者やグレーゾーン金利のような、高利貸しも盛んでした。

幸い私はその頃は借り入れを利用したことはなく、特にお金に関してトラブルを引き起こした事はありませんでしたが、そんな時代を見てきたせいか「カードローンは危ない物」という印象がしっかり私に染み付き、利用から遠ざかっていました。

しかし人間が生きていく上では少なからずお金が必要だし、全て自分のお金でまかなえるとは限りません。私もバブルの頃とは違って給与も奮わずボーナスも減ってきてしまい、子供の大学進学もあってそろそろ借り入れを利用しなくてはならない時でした。

ですが、私に染み付いているイメージというのは抜けきっておらず、本当にギリギリまで借り入れに頼らない方法を模索していましたが、結局それではやりくりが出来ないという事で、それならせめて低金利な場所を探していました。

現代のカードローンは金利も落ち着いてきている

どうせカードローンで低金利なんて…と思っていたのですが、私の情報は古かったのか、カードローンの金利の見比べをしていると、良い意味で驚く事になってしまいました。

それは、カードローンの金利というのが、私が知っていた頃に比べて随分と下がっていたのです。確かに相次ぐ破産者で金利周りは改定されたと聞きましたが、具体的な数値は調べておらず、一番安い金利の状態で見た場合、ほとんどの借り入れ先が一桁台の金利でした。

銀行系は元よりサラ金と呼ばれていて印象が悪かった消費者金融でさえ、一部の業者は銀行並みの低金利と呼べる水準で維持していたのは、本当に時代を感じましたね。

とは言えやはり銀行の方がまだ印象が良かった私は銀行系カードローンを申込み、低金利かつ子供の学費の補填としては十分な枠で利用しています。月々の返済も予想より少額から返せるので、今までの生活水準を大きく下げる事無く返済していけるのは、本当に昔のイメージとは真逆でした。

カードローンと聞くと私のような印象を持ったままの方も多いと思いますが、実際はそんな事はありません。昔のような疑心暗鬼にならず、出来れば今現在の借り入れを一つ一つ見ていってもらいたいですね。

人を選ぶカードローン複数利用!気をつけたいその理由をご紹介!

カードローンというサービスをご存じでしょうか。ローンの一形態ではありますが、その他のローンに比べると大きな違いがあります。それは、許された範囲内なら、利用者が好きなようにお金を借りることができるという点です。いわば、借入する権利さえ得ておけば、その権利が及ぶ範囲内で、自由に借入ができるものとイメージください。将来的に借入を行なう可能性がある場合などに備えて作っておくという使い方もできるユニークなローンサービスです。

そのようなものですから、カードローンを自分の意志で使い分けようと、複数のカードローンを契約しようとお考えになる方もいらっしゃるかもしれません。カードローンは、一度作ればすぐに借入をしなくてはならないわけではありませんから、将来自分が利用できる借入手段を複数用意するために、このカードローンを複数契約しておこうと思ったとしてもおかしくはありません。経済的に厳しい環境が続いていますから、このような努力を惜しまない方も増えているでしょう。カードローンのこのような方法が現実的なのか、少し検討してみましょう。

まず複数の金融機関からカードローンを利用することですが、あまり一般的な利用方法とは言えないものの、絶対に不可能な利用方法というわけではありません。多少条件が限られる部分が出てくると思いますが、そのあたりをうまくやりくりできれば、複数のカードローンを利用すること自体は可能となるでしょう。同じようなカードローンであっても、提供されている金融機関によって金利や返済方法などが異なりますから、その辺りの事情を加味して使い分けられるなら、複数のカードローンを契約するのも不合理とまでは言えません。

ですが、そのような使い分けが本当に可能かどうか、慎重に判断したいところではあります。ローンの金利などは計算がややこしく、また返済方法などによっても利子額が変わってくる部分があります。その辺りの計算を暗算でパパッとやるのはあまりオススメできません。できる方もいらっしゃるでしょうが、計算ミスをする可能性も低くはないでしょう。時間をかけてじっくりと練った計画に沿って使い分けるというならまだ可能性があるといえますが、行きあたりばったりで何となくの使い分けであるのなら、やめておいたほうがよいでしょう。そして、きちんとした使い分けができないのであれば、カードローンを複数契約する合理性もないということになります。

さらに言うと、欲のない人間はいません。カードローンが借金であるのはわかっていても、カード一枚ですぐに現金が手に入るという状況を前にしても、強く自分を律することができる方ばかりではありません。色に負け、ついついお金の使い方が荒くなるということがあっても、決して責められない結果といえます。ただその結果として多重債務に陥ったとしても、自己責任で処理しなくてはならないことを思えば、最初からそのようなリスクを避けたほうが無難ということになります。よほど意志の強い方でない限り、控えたほうがよいでしょう。

そして最後に、たいした意味もなく複数のカードローンを持つというのは、手続き的にも煩雑になります。あまり一般的ではないそのような契約をしようというのなら、金融機関側から疑いの目で見られる可能性もあるわけです。痛くもない腹を探られることにもなりかねませんから、よほどしっかりとした使い分けの計画がないのであれば、控えたほうがよいといえます。

以上のように、カードローンの複数利用は、可能は可能ですが、こだわりがないならやめておいたほうが無難といえます。

クレジットカードとは違いがある借入!クレカにはない利点があります

お店での買い物など、何かを精算するときに必要なのはお金ですよね。お金を払えば取引は無事終了となるケースが多いのですが、近頃はこの常識にも変化が起きています。クレジットカードというものがありますよね。下手をすると学生でも持っていることのあるクレジットカード、これを使えばキャッシュレスで精算を終えることが可能です。カード一枚で取引を終えることができ、大変お得ですね。

さて、このクレジットカードと比較されることの多いのが、カードローンというものです。こちらもまた、カード一枚で汎用的な使い方のできる金融サービスになります。カードを使ってサービスを受けるという点が似ていることから、「どっちがどうなの?」という質問がよく寄せられます。簡単にいうと、カードローンは現金を調達する手段にすぎません。カード一枚で「現金を借りられる」のがカードローンであって、クレジットカードのように、カードそのもので精算ができるわけではないのが違いです。

このように、一見すると似たようなものに見えるカードローンとクレジットカードですが、違いがあるわけです。キャッシュレスで精算を終えられるのはクレジットカードだけとなれば、「クレジットカードのほうが便利なんだな」と感じられる方もいらっしゃるでしょうか。

しかしそれはただの特徴にすぎません。見方を変えれば、カードローンに分がある特徴だってあります。この点に注目すれば、カードローンにだけある利点というものが見えてくるでしょう。この点について、見ていきましょう。

カードローンの特徴とは「現金を調達できる」というものだというのは、先にもお話しましたね。何かを精算しようとするとき、カードローンで精算をしようと思うなら、まずは一回現金を調達し、その現金で精算を終えるという形になるわけです。キャッシュレスの取引に慣れた方だと「面倒だな……」と感じられますでしょうか(笑)。

確かにキャッシュレスの精算と、現金による精算。どちらも選べる状況にあるのであれば、カードローンで精算するのは少々回りくどいように思えることでしょう。ですが、世の中のすべてのサービスがキャッシュレスで精算できるかといえば、そんなことはないわけです。取引の精算方法の基本は、まだまだ現金が優勢な部分があります。都市部になればキャッシュレスの精算に対応していることも多いかと思いますが、地方に行けば行くほど、キャッシュレスで精算できる機会は減っていくでしょう。地方に旅行に出かけたとき、クレジットカードですべての支払いを終えようとしたら、「カードは使えない」と言われて焦った経験はありませんか?(笑)

そのようなケース、すなわち、どうしても現金での支払いに対応しなくてはならないケースになると、優位に立つのはカードローンであるのがわかりますね。カードローンは現金を借り入れる手段です。その方法はいたって簡単。専用カードに対応しているATMなどで使えば、簡単にお金が借りられます。金融機関によっては、コンビニATMと提携されているケースもありますから、いざというときの窓口の広さにも定評があります。急いで現金を手にしなくてはならないとき、カードローンのほうが優位というわけです。

ところで、近頃はオプションによって、クレジットカードにも現金を手に入れる機能が付与されている場合もあります。これによって、両者の違いが少々見分けにくくなっているところもありますが、原則的な部分ではこのような違いがあるものとご理解ください。

払えない借金を払えるようにする、身近な3つのテクニック

近頃はカードローンという便利な借入サービスがあります。面倒な審査も一回で済み、自分がお金を借りたいとき、すぐに借りることができるサービスです。日常生活のちょっとした需要を満たす上で便利なサービスといえます。

ところが、このサービスは自己責任の度合いが小さくありません。自分が自由に使えるだけに、使いすぎてしまうということも起こり得るわけです。そのときの保証といったものも特にありませんので、返済に困らないような使い方を心がけるのは、カードローンを利用する上で基本的な話となります。

このようなことは前提として理解していたとしても、ときにはついうっかり使いすぎてしまうこともあるでしょう。人間にはうっかりミスというものもありますから、わかっただけできちんと行動できるとは限りません。返済が苦しくなって、そこで初めてこのカードローンのさじ加減がわかるということもあるでしょう。このような部分は、人間なら誰しもが持ち合わせる部分です。

しかしだからといって、返済が苦しくなれば返さなくてもいいのかというと、そんなことはありませんよね。借りた以上は返さなくてはなりません。返済が苦しく、もう払えないと思えるようなとき、一時的に返済分を水増しして返せるようにする、身近な3つのテクニックをご紹介しましょう。

1 収入のタイミングを前倒し

机上の収支は何とか合っているけど、支払いのタイミングなどの関係で、どうしても赤字となってしまう時期が出てきてしまうことがあります。あと少しタイミングがずれていれば確実に払えるのにと、こういうときは歯がゆい思いをすることになりますよね。そんなときは、単にその支払いのタイミングをずらせばよいわけです。

そんなことができるのかというと、黙っていては無理ですが、関係各所に交渉させてもらえば、案外そのような柔軟な対応を取ってもらえる可能性はあります。企業などにお勤めであれば、給料の前借りや前払いなどを交渉することができるでしょう。自分で何か商売をされているのであれば、商品やサービスは引き渡したけど、まだ代金を受け取っていないという売掛金がないかどうかを調べてみてください。そういうものがあれば、早めに資金を回収してみましょう。

そのような対応も無理そうである場合、何とか時間を見つけることができれば、給料日払いの短期アルバイトなどで何とか間に合わせるという方法もあります。

2 資産売却

支払いのタイミングうんぬんではなく、そもそもお金が足りていないから払えないということもありますよね。このケースでは1のようなテクニックではなく、物理的に自分のお金を増やすより他ありません。とはいっても、自分が回している通常のキャッシュフローでは間に合わない可能性が高いため、こういうときはもっと別のアプローチを取りましょう。

そのもっとも単純な方法が、資産売却です。所持している資産を売却して、お金に換えましょう。所持しているものを手放すだけでいいので簡単です。資産価値の高いものがあればそれを、もしそういうものがないのなら、身の回りの不要物をリサイクルショップなどに持ち込んでみてはいかがでしょうか。

3 周囲に借りる

どうしてもお金が足りず、不足分を自力で調達することが難しいとなれば、この方法があります。借金を借金で返すというのは、破産にいたる典型的パターンですが、利子や返済期限に融通の利きやすい個人間のやりとりであれば、まだ可能性があります。お金を余らせている方が周囲にいれば、その方に頼んでみるのもよいでしょう。ただし、トラブルにもなりやすいですから注意してください。

借入で保証人を求められたとき、絶対に覚えておきたい候補者の条件!

借金を組むにあたって保証人を要求されるのはわりと常識的な話かと思います。特に一昔前の借金などになると、保証人がいなくては話が前に進まないといった実情はありました。しかし現在はだいぶ状況が変わってきており、保証人がいなくてはどうにもならないといった状況にはなっていません。例えばカードローンというサービスがあります。カード一枚でラクに借入ができるというこのサービスは、保証人もいらず、担保も不要とされていることが多いのです。社会的信用や資産を持ち得ない若者でも利用できるサービスといえます。

そのため、信用などに乏しい方はカードローンの利用を検討すればよいという話にはなるのですが、実はカードローンも、基本的には保証人等は不要とされていますが、絶対に保証人を要求されないと決まっているわけではないのです。審査の結果、無理とまではいえないが、自信をもって融資できるというほどでもない結果であった場合、保証人がいれば融資可といった結果になることもあるのです。そういう場合は、基本的には保証人不要とされるサービスであっても、保証人を探すしかありません。

このようなケースもあるため、保証人の探し方などについて多少は知っておいたほうがよい部分もあります。万が一の事態に備え、その点について簡単にご説明しておきましょう。

保証人を要求された場合、どういう相手が思い浮かぶでしょうか。親でしょうか、兄弟でしょうか、それとも親しい友人などでしょうか。保証人とできるのは、「こういう相手でなくては不可」という特別な条件があるわけではありませんが、保証人とは、自分が債務に応じきれなくなったときの保険という意味合いがあります。そのため、保証人になることを同意してくれさえすれば誰でもよいのではなく、最低限の経済力がある相手でないと保証人にならないという部分はあります。保証人になることを快諾してくれた友人がいても、その友人が無職である場合などは、保証人として認めてもらうのは難しいでしょう。この点は注意してください。

そのため、保証人を探すときは、相手の経済力もある程度頭に入れておきましょう。適度な経済力を持つ人間の中から、自分の保証人は見繕うべきです。

ですが、ここからが難しいのです。適度な経済力がある方であれば、誰でも保証人になってくれるでしょうか。正直にいうと、厳しい現実があるでしょう。借金の保証人というのは、万が一のときは自分が借りたわけでもないお金を返さなくてはならないということです。そのようなことを喜んで引き受けてくれるほどの人間関係にある相手というのは、必然的に限られるでしょう。そのような相手とは自分のために一肌脱いでくれる相手であり、近しい親族やよほど親しい友人知人などになることがほとんどではないでしょうか。

以上のように、保証人は誰でもいいというわけでもなく、適度な経済力とともに、自分のために多少のリスクも踏み越えてくれるような相手でなくてはならないことがほとんどです。保証人を求められたときは、このような相手を探すようにしましょう。また、万が一自分が保証人になることを頼まれたときは、自分の経済力や相手との間柄などを考慮して、慎重に判断されるのがよいでしょう。

円満な結婚のために覚えておきたい、婚約前の借金の扱い方!

借入を利用しているからといって特別に後ろめたく思う必要はない、ということは理屈面ではわかっているものの、実際はあまりおおっぴらに言えないことも多いでしょう。何が何でも隠さなくてはならないことではありませんが、聞かれもしないのにカミングアウトすることでもありませんよね。なかなか微妙な問題です。

特にカードローンになると、保証人も担保もいらず、カード一枚で自由に利用ができる部分がありますから、単身者などになると周囲に知られずに密かに利用しているケースもあります。

ところが、借入をしなくてはならない場面においては頼もしいこの特徴も、ある場面になるとかえって悩みの種になることもあります。それは何かというと、結婚についての話が出ている場面です。

以前ほど結婚に関して固定的な観念は薄れてきていますが、結婚を希望している方は男女を問わずいらっしゃいます。交際しているパートナーがいる場合、あるところまでくると結婚という話も出てきて、そういう流れが生まれてくることもあるでしょう。その流れ自体については歓迎していたとしても、そういうときに悩ましくなるのが「密かに作っていた借金」というわけです。カードローンなどはATMからでも利用ができるため、横から見ているだけでは借金をしているとはわからないことも多いでしょう。密かにカードローンを利用しており、ずっとパートナーにも告げずにきたとなると、これをどうするかで頭を抱えられる方が少なくありません。

結婚を前向きに検討されている方の場合、密かに利用していたカードローンのことを告げると愛想をつかされるのではないかと心配される方が多いのです。そうかといって、大事な時期を迎えるにあたって、不安の種を残したまま、人生の一大イベントに向かうのは、どうも気が乗らないという部分もありますよね。このような悩ましい状況は、どうするのがよいのでしょうか。

まず、結婚という話が出ている状況の中で、借金というものはどういう意味合いを持つのでしょうか。これについて、残念ながらあまりよい印象を与えることはないでしょう。たとえ無謀な借金ではなかったとしても、借金があるなどと思いもしなかった相手に、実はまだ当分は返済を続けなくてはならない債務があるとわかるのはショックを与える傾向があります。これがあるから、話したくても話せないという悩ましい部分があるのですね。

ではそれを踏まえて、結婚前に密かに作った借金は、どうすべきでしょうか。やはり結婚にあたっては債務がゼロであるのが望ましいため、繰り上げ返済などですぐに返済できる状態にあればそうするのが望ましいでしょう。貯金などがある程度貯まっている場合、結婚に向けての整理の一環として、一気に精算してしまうのもアリです。

しかしそれが難しい場合はどうすべきでしょうか。その場合は、やはりパートナーに正直に告げるしかありません。借金がある事実はショックを与えるかもしれませんが、後になって判明したときに予想される問題に比べれば、まだこのタイミングで告げておいたほうがよいでしょう。きちんと話すことで納得してもらえる可能性も十分にあります。正直に、誠意をもってお話するようにしてください。

結婚にあたっての借金の扱い方は、以上のようなものが基本的なものです。NGなのは、借金を隠したままで結婚してしまう、もしくはその直前まで話を進めてしまうというものです。借金は精算するか、正直に告白するかのどちらかが望ましいといえます。

申請希望者必見!ほとんどの人がやっているカードローンの選び方!

カードローンを利用しようと思ったとき、各金融機関からさまざまなサービスが提供されている現実を目の当たりにするでしょう。手頃に利用できる便利なプランですが、どこか特定の金融機関の専売特許というわけではなく、各金融機関から独自のカードローンが提供されているのです。利用者は、その中から自分でサービスを選ばなくてはなりません。

選択肢が多いとサービスも洗練されますからよいような気もするものの、選ぶ手間というものにとかく頭を悩まされがちです。カードローンも借入のサービスですから、お菓子でも買うように適当に選ぶということもできないでしょう。「選択を間違えれば、高い金利で利子を負担しなくてはならなくなるのでは……?」という不安も、頭をよぎりますよね(笑)。

選ばなくてはならない、でもどれがいいのかわからない。カードローンを利用するにあたって、そういう状態に陥っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。何かいい選び方があるなら知りたいとお考えの方も多いでしょう。そういう方に向けて、多くの方がされているカードローンの選び方について、簡単にご紹介しておきましょう。

カードローンを選ぶとき、多くの方は実際どのようにして選んでおられるのでしょうか。この点について、一つ言えることはあります。それは、「実際のところ、選択肢は限られていることが多い」ということです。

どういうことかもう少し詳しく見ていきましょう。カードローンを選ぶとき、実際に多くの方から選ばれるのは、銀行や大手消費者金融のカードローンになることが多いでしょう。知名度でいっても、サービスの質からいっても、わざわざ聞いたこともないような中小の消費者金融のカードローンを選ばれる方はよほどサービス内容にこだわっている方であり、そこまでこだわりがない方はわざわざそんな選択肢は選びません。なぜなら、銀行や大手消費者金融のほうが信用できるからです。

カードローンもまた借金には違いがなく、借金である以上、闇金というリスクとは無縁ではいられません。闇金に関わってしまった方の苦労話はいたるところで聞くことができます。ほとんどの方は、こういうリスクは避けたいとお考えでしょう。それならば、できるだけ安心な選択肢を選びたいというのはほとんどの方にとって共通の方針となります。

そうであるなら、やはりより信用できる金融機関の中でカードローンを選ばれるのが自然です。ではその信用できる金融機関とは?というと、やはり銀行や大手消費者金融などに辿りつくというわけです。中小の消費者金融がみんな闇金だと言うつもりはありませんが、闇金は中小の消費者金融であるケースが多いのです。中小の消費者金融を選ぶということは、闇金にあたるリスクを孕む選択肢だということでもあります。

したがって、自分の信用度などにあまり自信がなく、どうしても選べる金融機関が限られてしまうといった事情がない限り、わざわざ中小の消費者金融を選ぶ方は少数派なのです。このような実情があるため、たくさんあるカードローンの選択肢に迷ったときも、すべての選択肢を一つ一つ検討する必要はありません。信用度という点においてやや不安のある中小の消費者金融は後回しにし、まずは銀行や大手消費者金融のサービスを優先的に検討しましょう。条件に特にこだわりがないのなら、その中で魅力を感じるものを選ぶのが現実的といえます。

カードローンの利用はイメージ悪い?きちんと知りたい社会の評価!

カードローンというサービスは、申し込みも利用も非常に手軽にできてお得なサービスですが、「内緒で作りたい……」という悩ましい声もよく聞かれます。このような便利なサービスを利用するためになぜそんなにコソコソしなくてはならないの?と不可解に思われる方もいらっしゃるでしょう。この点はなかなか難しいところがあるのですが、つまりは周囲の方の評価が気になるというのが大きな理由です。

カードローンは便利なサービスですが、借金であることは確かです。そして借金には、マイナスのイメージが優勢であることは皆さんもご存じでしょう。借金で人生が狂ったという話は枚挙にいとまがなく、これに手を出すのは「ダメ人間である」というレッテルを張られることもないとはいえないのです。このような風潮から、カードローンには興味があれど、今一つ利用に踏み切れないという方がいらっしゃるのです。

借金に手を出すのはNGだというイメージは、正しいものでしょうか。もちろん、それも一理ある意見ではあります。無職で何億という借金に手を出すのは、さすがに常識を疑われても文句は言えない部分があります。ですが、借金を十把一括りにNGとするのは少し極端すぎる意見ともいえるでしょう。カードローンを利用することが、果たして社会の中でどのような評価を得ることにつながるのか、きちんと確認していきましょう。

カードローンを利用することでマイナス評価を受けることを多くの方が恐れるわけですが、これについては世間の風潮とともに、個人間でも意見に差異が大きなものですから、絶対にこういう傾向があると言うことはできない部分があります。人によって意見に違いがあるのだということは、最初に心得ておきましょう。

その上でお話すると、世間一般的にはカードローンを利用しているからといって不利益を被ることは、基本的にはないといえます。ちなみに、ここで言っている「不利益」というのは、カードローンを利用しているというただその一点だけで何かのサービスを利用することを断られたり、組織に属することを拒否されるというようなことはないという意味です。カードローンを利用していることによって新たに借入ができなくなったり、社会的信用が問われる場面で、少し信用度を低く見積もられるということは常識的に考えて十分にありえますが、ここではそれが「不当な扱い」とまではいえないということで、そのことは考えないことにします。あくまで、常識的に考えて理不尽な扱いを受けるかという意味では、カードローンの利用は特に問題はありません。

借金が持つマイナスイメージばかりが膨らんでいると、こういうことを言われてもすぐには信じられないかもしれませんが、借金そのものに悪いイメージを持たれるのは、常識から逸脱した借金等のケースが多いでしょう。一生かかっても返済しきれないような借金の場合などは、少し悪いイメージを持たれる可能性はあります。

ですが、あくまで常識的に利用している間は特に問題はありません。そもそも、現代人の必須アイテムとなっている感もあるクレジットカードも、そのサービスの実態は借金のようなものです。このような実態を思えば、借金にまったく無縁でいられる現代人などほとんどいないのではないでしょうか。

要は、借金を利用しているという事実そのもののイメージが悪いのではなく、その借金の使い方によってはマイナス評価を受ける可能性があるという話です。滞納するほどの無理な使い方もしておらず、きちんと活用できている間は、そこまで後ろめたく思う必要はありません。自信をもってよいでしょう。

カードローンの利用申込みにおいて絶対に外せない注意点!

お金を借りたいとは思うけれど、そこまで本格的な「ローン」というものを組むのはちょっと重い……。そう感じられることもありますよね。そんなとき、ちょっとお金を借りるのに便利なサービスなのが、カードローンです。他のローンに比べれば比較的少額の利用でも可能であり、手続きも簡単です。借入をちょっと利用したいという方は、とりあえずカードローンの利用を考えてみてはいかがでしょうか。

と、このように、カードローンは利用にあたってのハードルが低いため、気軽に利用したい方にはオススメではありますが、注意点もあります。一般的に借入を利用する際には、手続きの中に審査があり、それに神経を使われる方が多いのですが、カードローンとなると、そのサービス内容から手続きも気軽にできるのではないかと思える部分もあるでしょう。もちろん、その他のローンに比べれば手続きもやや簡略化されている部分もないわけではないものの、カードローンもまた貸付サービスの一つである以上、絶対に外してはならない部分、地雷ともいうべき部分があります。申し込みにあたってそこまで緊張する必要はありませんが、押さえるべき部分は確実に押さえるようにするのが望ましいのです。

では、カードローンの申し込み時ですら外してはならないその地雷部分とは、どのようなものになるのでしょうか。借入は普段まったく利用していない方などもいらっしゃると思いますが、そういう方はあまり気にされなくてよい点です。これは主に、普段からよく借入を利用されている方が注意しなくてはならない部分です。それは、既に利用している借入については、漏れなく正直に申請することです。

新たに借入をする際、すでに利用している借入というのはかなり重要であり、これを尋ねられないことはまずありません。すでに利用している借入がある場合、自分にこれから新たに与えられる借入可能枠は、自分の経済力で可能となる枠からすでに作っている借金分をある程度差し引いて与えられる可能性が高いのです。すでに負っている債務も、返済能力を左右する重要な要素ですからね。

そのため、たとえカードローンのような手頃なサービスであっても、すでに利用している借入額が大きすぎる場合、審査に落とされる可能性もあります。金融機関側もここはシビアにならざるをえないところですから、これはやむを得ません。

このとき、もし既に利用している借入額を少なく申請したとするとどうなるのでしょうか。これは借入可能枠を不当に大きくするための虚偽の申請であるという風に解釈され、心証が大変悪くなる可能性が濃厚です。既に借入の利用があり、正直に申告すると審査を通過できるか不安だというときも、この点だけは正直に答えられることを強く勧めます。なぜなら、金融機関側が申請者の借入利用状況を調べることは可能であり、自己申告で虚偽の申請をしても、後で真実が判明する可能性のほうが高いからです。

だからこそ、虚偽の申請は厳禁です。そして「うっかりミス」についても、この場面でやってしまうのは極力避けたほうがよいでしょう。カードローンを気軽に申請してもらうのはよいのですが、手続きにおいても気軽に行なってしまい、自分が利用している借入額を正確に申告できないというのは、あまりよいことではありません。たとえ少額であっても、利用している借入額を過少に申告するのはマイナス印象が避けられません。万が一申告後に申告し忘れた借入があったことを思い出したら、ただちに金融機関に連絡して、そのことを申し出ましょう。申告漏れがあったことを自己申告できれば、多少はマイナス印象を取り返すことができます。

こんなのが欲しかった!カードローンが持つ、ずば抜けたメリット!

借金なんて、手間ばかりかかって、しかも利子も発生して、いいコトなんか一つもないじゃないかとお考えの方もいらっしゃることでしょう。確かに、手間ばかりかかってそれでいて利子までかかるなら、よほどお金に困っているのでない限り、進んで借金をする必要性は基本的にはないといえます。

しかし、その「手間」が省かれるとしたらどうでしょうか。もちろん借金ですから、利子が発生するのはさすがに避けられないものの、手間自体がほとんどかからない借金というものがあったとすると、なかなか悪くないメリットがあると感じられる方もいらっしゃるでしょう。

そんなものがあるものかと思われますか?いいえ、実はもうそういうサービスは登場しています。それが、カードローンと呼ばれるものです。このサービスは、借金を組む上での手間がほとんどかからないのです。利用にあたっては最初に審査などを受け、ここで最低限の返済能力などをクリアしていれば、その審査結果に見合った借入可能枠が与えられます。カードローンにかかる手間らしい手間といえばこれくらいのもので、最初の契約時の手続きが終われば、後は審査フリーでお金を借りることができるのです。しかもその手続きもATMなどの操作程度であり、自分のお金を引き出す手間とあまり変わりません。借金を組む上で、これほど時間がかからないサービスはそうはありません。

この手軽さ、柔軟さこそがカードローンの特徴であり、ズバ抜けたメリットであるといえます。このメリットを考えるにあたって、従来のその他のローンなどと比べて、その効果を見てみましょう。

例えば、アナタがローンを組む必要があったとします。急遽お金が必要になることもありますからね。このとき、従来のローンであれば、どのような手続きが予想されるでしょうか。まず適当に近場の金融機関に出向き、審査の手続きを取らなくてはなりません。必要書類を集め、記入漏れがないように作成し、提出。審査も即日で終わるとも限りませんから、少し時間を取られることもあるでしょう。また、融資を受けるにあたって担保や保証人を要求される可能性もあります。その場合は、それらの手続きも必要になってきます。以上のようなことをやっていると、早くても2~3日、仕事の合間を縫って手続きを進めている場合など、1週間程度はかかるのではないでしょうか。

これが、カードローンになるとどうなるのでしょうか。もしカードローンを既に作っているのであれば、自分が作ったカードローンが使えるATMなどで操作するだけです。各金融機関専用のATMなどもありますが、提携さえしていればコンビニのATMでも借入をすることができます。近所にそのようなコンビニがあれば、早ければ10分程度でお金を用意できてしまうケースもあるでしょう。

もし仮にカードローンを契約していなかったとしても、カードローンは無担保・保証人なしで利用ができることがほとんどです。借入希望額によっては審査も柔軟になりますから、一から契約するにしても、従来のローンよりはスピーディな手続きが期待できます。早ければ即日で利用を開始できる例もあります。

以上のように、カードローンは総じて手頃に利用ができるのです。お金を借りるという性格上、煩雑で時間を取られやすい利用手続きが大幅に簡略化できるというのは、まさにカードローンの利点です。簡単にお金を借りたいとお考えの方は、カードローンの利用を検討されてみてはいかがでしょうか。

利用まであと一歩!油断せずに確認したい、借入手続きの必要書類!

借金の手続きというと、どのようなものになるか、具体的にイメージがつきますでしょうか?借金を普段避けている方などになると、少し特別な手続きになるイメージがあったとしてもおかしくはありませんが、実際にはそのようなことはありません。これら金融サービスなども、ごく一般的な消費者向けのサービスの一つでもありますから、利用にあたっての手続きもごく普通のものだと思っておいて構いません。

特に、住宅ローンなどという、一生に一度あるかないかといった買い物の際に組むローンなどではなく、もっと手軽で身近な金融サービスなどになると、本当に普段自分が何気なく利用しているその他のサービスなどと同じような手続きで利用できてしまうこともあります。そのようなローンサービスとして、例えばカードローンなどがあります。比較的小さい額でも借りられるこれらのローンサービスは、日常生活のちょっとした需要に対して使えるサービスです。そんなサービスの手続きなのですから、手続きが日常感覚から乖離した特別なものになっていると、なかなか利用者の支持を集められませんよね。

では、実際にカードローンなどを利用するための手続きを進めるために、どのような書類が必要になるのでしょうか。利用経験のない方にとっては簡単で意外なものかもしれませんが、一般的に必要となる書類は二種類程度です。主に、身分証明書と所得証明書などが求められる場合が多いのです。身分証明書を求められる手続きはそんなに珍しくはありませんね。社会の中のあらゆるサービスを利用する際に求められます。カードローン利用にあたって必要になる特別なものというと、強いていえば後者の所得証明書などでしょうか。これが少し特殊といえば特殊ですが、お金を借りる手続きになる以上、これはさすがに必要なのです。

借入は借入でも、カードローンなどになれば必要書類といえばこの程度なのです。意外と簡単ですね。ですが、もし本当にこれらのサービスを利用する段階になりましたら、必要書類に関して油断せず、しっかりと確認しておきたいことがあります。

必要書類が少なくて済むというのはよいのですが、身分証明書や所得証明書とみなされる書類には、各金融機関によって微妙に違いがあります。世間一般的にそれらの書類とみなされるものであったり、過去にそれをその書類として使用できたことがあったりしても、自分がこれから借入をしようとしている金融機関の手続きにおいて、それが必要書類としてみなしてもらえるとは限りません。

例えば、身分証明書であっても、「身分証明書として使えるのは以下の書類」といったように、各金融機関によって決まりがあるわけです。それはちゃんと公表され、説明がされていますから、それらを確認して、その中の種類の中で自分が用意できそうなものを用意するようにしてください。その決まりから外れるものに関しては、たとえ世間一般的には通用するものであっても、その金融機関では使えない可能性が高いのです。

以上のように、ごく当たり前のことかもしれませんが、必要書類に関してはきちんと確認をするようにしましょう。もし既定の必要書類の中に自分が用意できそうなものが見当たらなければ、事前に金融機関と相談してみましょう。公共料金の領収書などを身分証明の代わりとしてくれるなど、柔軟な対応を取ってくれるケースもないわけではありません。ワガママにならないよう注意はしつつも、可能な範囲で交渉させてもらうことも不可能ではありません。